忍者ブログ


[PR]
CATEGORY : [] 2018/10/16 03 : 48
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ドニゼッティ:連隊の娘
CATEGORY : [Music: Concerts/Recitals] 2007/02/01 21 : 16
2007年1月29日(月)
19:30開演
英国王立オペラハウス
(コヴェントガーデン)


The Royal Opera
Gaetano Donizetti: La Fille du Regiment「連隊の娘」

Director: Laurent Pelly
Associate Director and Dialogue: Agathe Mélinand
Set designs: Chantal Thomas
Costume designs: Laurent Pelly
Lighting: Joël Adam
Choreography: Laura Scozzi

Conductor: Bruno Campanella

Marie: Natalie Dessay
Tonio: Juan Diego Flórez
La Marquise de Berkenfeld: Felicity Palmer
Sulpice Pingot: Alessandro Corbelli
Hortensius: Donald Maxwell
La Duchesse de Crackentorp: Dawn French

* * * * *


Opera comiqueだとは解っていたけど…、、、、
こんなに可笑しい/面白いとは思わなかった!

それよりも!!
Natalie Dessay、驚異的!ブラーヴァ!!
どうしたらあんな姿勢で普通の声量/響きで歌えるのか。
飛んだり跳ねたり、リフティングされたり…
鍛えられてるんだろうなぁ。

Juan Diego Flórezが日本では「新三大テノール」だとか騒がれているから、ミーハーにも彼を聴いてみたくて、チケットをとったけれど、Natalieに完全にもっていかれたオペラでした。こんなにオペラって面白いんだと初めて思ったオペラでした。オペラっていい!

何がそんなに面白いかったかというと…
まず歌詞は仏語なんだけれど、わざと「How dare you!」とかときどき英語になったりしてそれが面白かったし、振り付けやNatalieの仕草はもちろん演出自体がちょっと現代的だったり、何気ない要素が面白かった。それから、指揮者。たまに軽くジャンプして指揮を降るから、1st Violinのコンマスの譜面が震えてたり、楽譜を途中で見なくなって、その後譜面がどの部分か解らなくてパタッと閉じちゃったり。

もちろん、Juan Diego Flórezも素晴らしかった。ベルカントだし、1幕のアリアは曲自体は躍動的だけれど、時間がとまっちゃうかと思うほど美しかった。と思ったら、歌い終わった後にブラボーと拍手の嵐で、3分間ぐらいそのままの姿勢で拍手を受けていた。幕後のカーテンコールもNatalieには敵わないけれど、これでもかって言うぐらい大喝采を受けていた。日本だと考えられな怒号のような喝采。拍手にブラボーに、そして床を踏み鳴らす音。


席は、学生らしく一番安い席をとったから(笑)、文字通り「天井桟敷」だったのだけれど、これがまた圧巻な眺め。ステージに限りなく近いから、舞台への死角はたくさんあるけど、でもオケピッドと客席は抜群によく見える。

よく天井桟敷は、ツウがいるって言われるけれど、本当にツウなおばあちゃん(たぶん70代)が隣に!もう何十年もオペラ座に通っていて「この公演はあんまり良いから初日から3回もみたわ」って。今度は蝶々夫人みるんですって言ったら「それは演出がすきじゃないから行かないわ」って。さらに幕間に、「前回、オペラ座で連隊の娘をやったのは1992年だったんだけれど…」と語りだして、さらにもう一人仲良くなったスザンナさん(!)と「コロシアム(国立オペラ座のこと)でやった…」と語りだす。おばあちゃん、わぁーお。

スザンナさん(オペラ座で会うには最高の名前!)は、人懐っこい可愛い人で、たぶん20代後半ぐらい。2nd Violinにお友達がいるんだとかで、オペラグラスでピッドとそれからstallsのお客さんを観察してた。彼女も頻繁に来ているみたいで、お互いに次のオペラはこれでこの日にくると確認しあって、「じゃあ、次に会うのは4月のジャン二スキッキね」と手帳に私の名前をメモしてた。笑

天井桟敷万歳!


オペラ座はきている人を見ているだけでも、本当に面白い。色んな人がいて面白い。あたまは真っ白なのに、きちっとスーツを着て綺麗なブラウスを着て、ヒールもちゃんと履いている可愛いおばあちゃんもいっぱいいる。下手な批評家より手厳しいツウがいたりもする。やっぱりこういう「文化」のなかにオペラはあるんだよね。


PR


こめんと [ 0 ] とらっくばっく [ 0 ]
<<おおおおおお。 | HOME |LSO x Gergiev: Firebird>>
COMMENT
COMMENT WRITE
















TRACKBACK
トラックバックURL

<<おおおおおお。 | HOME |LSO x Gergiev: Firebird>>

忍者ブログ[PR]