忍者ブログ


[PR]
CATEGORY : [] 2017/09/24 10 : 22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



Il Trovatore
CATEGORY : [Music: Concerts/Recitals] 2007/02/14 11 : 10
2007年2月12日(月)
19:30開演
英国王立歌劇場
(コヴェントガーデン)

ジュゼッペ・ヴェルディ作曲
「Il Trovatore; イル・トロヴァトーレ」



 Director: Elijah Moshinsky
 Set Designs: Dante Ferretti
 Costume Designs: Anne Tilby
 Lighting: Mike Gunning
 Fight Arranger: William Hobbs

 Count di Luna: Anthony Michaels-Moore
 Leonora: Catherine Naglestad
 Azucena: Stephanie Blythe
 Manrico: Marcelo Álvarez
 Ferrando: Raymond Aceto
 Ines: Kishani Jayasinghe§
 Ruiz: Haoyin Xue§

 § Jette Parker Young Artist

 * * * * *


今回も天井桟敷。
でも、セット転換が多かったせいか、演出が舞台手前よりで、思ったより舞台での動きが見えたので満足でした。

実は、1幕第2場のジプシー達の合唱が、あの有名な合唱が、このオペラからの曲だったと初めて知りました。恥。その曲が何なのか知りたい方は、ボローニャ歌劇場日本公演のサイトへ飛んでください。聴けます。名曲が!

作品最後が「Mother, I avanged you!」というアズチェーナの叫びとも思える一節で終わるぐらい、それはダークな悲劇ですが…、何せ前回の「Il fille du regiment; 連隊の娘」のナタリー・デッセイの印象と声が余りにも鮮明で、正直、自分が同じ劇場にいるとは思えませんでした。今だから、断言出来る。ナタリー・デッセイ(仏語だとデゥセ)はスゴい。 来年リサイタルをやるので、是非行かなきゃ!

一番、おおおおおっと思ったのが、アズチェーナ役のステファニー・ブライス。カーテンコールも一番盛んだったかな。帰りも結構の数の人が「母親役の彼女良かったよね」と口々にしてました。オペラハウスのサイトにも写真付きで出ているマルセロ・アルバレスは、カレラスっぽい声でした。笑。歌い方は、いかにもっていう立ち方と振り(振りなのか、勝手に動かしているのかは謎。)で、大学のときのある先生を彷彿させてくれました。

 * * * * *

今、知ったのが、ボローニャの引越し公演でも、「連隊の娘」は先月私が観た公演と同じブルーノ・カンパネッラ氏が指揮者だったんですねぇ。そんなにスゴい人だったのか。だから、譜面がいらなかったのか。笑

 * * * * *

今回の収穫?は、ズバリ「照明」です。白い光にするのに、青フィルムを使うんですね。知らなかった!透明のフィルムで普通のスポット照明を使うと黄色がかった光になるんです。知りませんでした。照明の仕込みも舞台の仕込み以上に時間がかかるので、毎日のように本公演が入れ替わるオペラハウスの照明係の人たちは、一体毎日何時間仕込みに時間を割いているのやら…(現在はコンピューターなどで調整も出来ますがね。)



そういえば、この間となりだったおばあちゃんも、やっぱり(あの位置が定位置なのかな?)いらしてました。だから、このプロダクションは観に来て良かったのかも!?

来週は、念願の蝶々夫人です。おばあちゃんは来ないと言っていたけど、地下鉄の駅構内にも沢山のポスターが貼られてるし、期待大です。その前に、ジョシュア・ベルとLSO(ロンドン交響楽団)の公演です。そして、そして、内田光子さん×LSOのモーツァルトP協奏曲です。


ロンドン来て良かった!



追伸;バレンボイムがベートヴェンのピアノソナタシリーズをやります。全部行きたい。笑



PR


こめんと [ 0 ] とらっくばっく [ 0 ]
<<ふふふーん♪ | HOME |実はバッハ作じゃない!?>>
COMMENT
COMMENT WRITE
















TRACKBACK
トラックバックURL

<<ふふふーん♪ | HOME |実はバッハ作じゃない!?>>

忍者ブログ[PR]