忍者ブログ


[PR]
CATEGORY : [] 2017/10/24 20 : 35
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



仕事メモ:音楽編/6月
CATEGORY : [Music: General] 2007/07/12 09 : 36
実は5月末から、ロンドンにある某アートセンターでお客様係のアルバイトをしています。で、私自身の覚え書きのためにも、仕事で立ち会った6月分の公演をメモしたいと思います。


Monday 4 June 2007, 19:30:Allen Toussaint / Preservation Hall Jazz Orchestra


Saturday 9 June 2007, 19:30:Deborah Voigt - soprano recital
Mozart Die ihr des unermesslichen Weltalls Schöpfer ehrt
Verdi Non t’accostare all’urna; Deh pietoso; Brindisi; In solitaria stanza; Stornello
R. Strauss Schlechtes Wetter; Ach, Lieb, ich muss nun scheiden; Lied der Frauen
Respighi Contrasto; Nebbie; Notte; Povero Cor
Beach Three Songs by Robert Browning: The year’s at the spring; Ah, Love, but a day!; I send my heart up to thee
Bernstein When my soul touches yours; So pretty; Another love; Piccola Serenata; Greeting; It’s gotta be bad to be good; Somewhere

Deborah Voigt, soprano
Brian Zeger, piano


Sunday 10 June 2007, 15:00:LSO Discovery Family Concert: Amazing Adventures!
Shostakovich The Gadfly
Tchaikovsky The Nutcracker (excerpts)
Grieg In the Hall of the Mountain King
Prokofiev The Love for Three Oranges
Music from The Jungle Book

Francois-Xavier Roth, conductor
Paul Rissman, presenter


Sunday 10 June 2007, 19:30:LSO Chamber Concert
Strauss (arr Schoenberg, Webern and Berg) Waltzes
Stravinsky The Soldier's Tale

Gordan Nikolitch, violin/director
Samuel West, narrator
LSO Chamber Ensemble


Wednesday 13 June 2007, 19:30:London Symphony Orchestra/Gergiev
Stravinsky Symphony in Three Movements
Prokofiev Violin Concerto No 1
Debussy (orch Colin Matthews) Préludes
Stravinsky Petrushka

Vadim Repin, violin
London Symphony Orchestra
Valery Gergiev, conductor


Tuesday 19 June 2007, 19:30:BBC Symphony Orchestra/Bĕlohlávek
VICTORIA Popule meus (Improperium)
SIR JOHN TAVENER Hymn to the Mother of God
SIR JOHN TAVENER The Beautiful Names (world premiere)

Jiri Belohlavek, conductor
John Mark Ainsley, tenor
Westminster Cathedral Choir


Friday 22 June 2007:Mzansi Sings - African Music
"Some of the best world music in London. Mzansi Sings is a South African cultural extravaganza in which the composer and arranger Victor Ntoni leads an ensemble including big band, string section and 20 piece choir in arrangements which celebrate African 20th century choral music and Township Jazz. Tonight's performance is presented by the South African High Commission in tribute to Oliver Reginald Tambo. Produced by the South African High Commission" from Barbican.org.uk


Friday 29 June 2007, 19:30:London Symphony Orchestra/Davis
Berlioz Benvenuto Cellini
Sir Colin Davis, conductor
Gregory Kunde, Cellini
Laura Claycomb, Teresa
Darren Jeffery, Balducci
Peter Coleman-Wright, Fieramosca
Jacques Imbrailo, Pompeo
Isabelle Cals, Ascanio
Andrew Kennedy, Francesco
John Relyea, Pope Clement VII
Andrew Foster-Williams, Bernardino
Alasdair Elliot, Cabaretier
London Symphony Chorus


Saturday 30 June 2007, 20:00:Chick Corea & Gary Burton


●  ●  ●
NOTE:

BBCシンフォニー:
チャールズ皇太子がいらっしゃって、警備が空港並でした。スタッフもパスポート持参で、セキュリティーチェックだけで20分も!Tavenerの1曲目は非常によかったです。教会旋法がいっぱいで、会場のウェストミンスター大聖堂にぴったり。2曲目は…約70〜80分の大曲で…でも、教会の構造や音響効果をフルに活かした作品でした(弦楽隊を客席後方の上空回廊へ配置したり、オルガンをつかったり)

LSOファミリーコンサート:
なにがびっくりって、手話通訳がついていたこと!さ・ら・に!!演奏の手話通訳も!手話通訳というより、上半身だけで音楽を表現する専門の手話通訳者!これは日本にも是非是非もちかえりたい習慣です。その他にも、パワポを駆使して、視覚的にも子供達にわかりやすい内容になっていました。あとは、皆で歌おう&演奏しようというコーナーがあって、子供達がめいめいに持ってきた楽器をオケと一緒に弾いていました。楽員の子供?もステージの奏者横にちんまり座っていたり、一緒に演奏していたり(!?)して、なんだか微笑ましかったです。ちなみに楽員の服装は、私服!指揮者もヴィンテージジーンズに黒のシャツでした。もちろん質問コーナーもあって、なかなか面白かったです。


南アフリカのコンサート:
これは、やっぱり血の問題です。コミュニティーの結束力の強さにも驚きました。産まれて初めてこんなに沢山のアフリカ人の人たちと一度に会いました。皆、気さくで面白い!ちょっと英語が聴き取りにくかったけれど…何気ないやりとりから、本当にココロが温かいのが良く伝わってきました。

PR


こめんと [ 0 ] とらっくばっく [ 0 ]
<<仕事メモ:6月/演劇編 | HOME |ポリーニ リサイタル>>
COMMENT
COMMENT WRITE
















TRACKBACK
トラックバックURL

<<仕事メモ:6月/演劇編 | HOME |ポリーニ リサイタル>>

忍者ブログ[PR]