忍者ブログ


[PR]
CATEGORY : [] 2017/12/18 00 : 42
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



Evgeny Kissin
CATEGORY : [Music: Concerts/Recitals] 2007/03/08 07 : 23
2007年3月5日(月)
19:30開演
バービカンホール
(バービカンセンター)


Schubert Sonata in E flat D568
Beethoven 32 Variations
Brahms Six Pieces op.118
Chopin Andante spianato and Polonaise in E flat

Evgeny Kissin (piano)

<アンコール>
Liszt 愛の夢
Mendelssohn 春の歌(?)
Chopin 子犬のワルツ
他 計5曲

 * * * * *

キーシンのピアノは、F氏曰く「機械みたいに正確」
私は「鮮やか」だと思う。

前に音楽の友でシューベルトのソナタへの批評を読んで以来、ずっとキーシンのシューベルトを生で聴きたかった。「圧倒させる精神力で弾ききった」というシューベルトのソナタが聴きたかった。

まず、目を引いたのは、ステージ上にも約50席、客席が設けられていた。チケットは既に完売で、ホールはもちろんほぼ満席。日本人を含んだアジア系のお客様が目立った。


やっぱり、この人すごいなと思ったのは、シューベルトよりも、ベートベンよりも、ブラームスの「6つの小品」だった。ホールと客席の位置関係で、音響が決していいとは言えなかったけれど、でも「あっ」って思った。ほとんど間を空けないで、6つ弾ききった。途中、流れ落ちてくる汗を(実に巧妙に)拭いながら、30分以上、ぴーんと張った糸みたいな緊張感で弾ききった。すごい。

最後のショパンは、板に付ききっている演奏というか、もう完璧に自分の肉となり血となりな演奏だった。怖いほどに思い切りが良い気持ちが良い演奏だった。


例によって、このロンドンでも長ーいアンコール。
途中、熱狂的なファンと思われるおばちゃんが走りよったり、色々あったけれど、それでも出てきては演奏し、6曲も演奏をして、大喝采をあびて、ステージを降りていった。


キーシンの演奏を聴いていつも思うのは、彼のピアニッシモの繊細さと正確さ。絶対に「これ」っていうピアニッシモを、完璧なコントロールで出してくる。ある意味、神がかってる。あれで、まだ34歳。やっぱり「神童」は健在なんだな。



【小話】
バービカンの3階席(バルコニー)のD列は、A〜B列よりも音響的に良かったです。



PR


こめんと [ 0 ] とらっくばっく [ 0 ]
<<Shine / Take That | HOME |内田光子×LSO 2>>
COMMENT
COMMENT WRITE
















TRACKBACK
トラックバックURL

<<Shine / Take That | HOME |内田光子×LSO 2>>

忍者ブログ[PR]