忍者ブログ


[PR]
CATEGORY : [] 2017/09/24 10 : 11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



LSO x Harding
CATEGORY : [Music: Concerts/Recitals] 2007/03/23 06 : 27
2007年3月22日
19:30開演
バービカンホール


Rameau Dances from Hippolyte et Aricie
Mahler Symphony No 7

conductor: Daniel Harding
London Symphony Orchestra

 * * * * *

えーと。
前半のラモーは、場外で聴きました。
大学で粘りすぎて、遅刻…。反省。

マラ七は、初めて頭から集中して聴きましたが、マーラーって派手だ。
派手と言うより、艶やか。
圧倒的な「華」が目の前にどーんとやってくるような音楽。
もちろん、短調だから、どんより感はあるけれど、でも、「華々しい」。


ハーディングが指揮をふるLSOは、いつもと弦楽器の配置が違うので、音が違う波でやってきます。ハーディングは、踊るように指揮を振る。というと語弊があるけど、モニターでラモーをふる彼は、魔法使いのようでした。一振りで、きらっとした音が、二振り目は、全然色の違う音。虹が生まれでてくるような指揮です。




PR


こめんと [ 0 ] とらっくばっく [ 0 ]
<<誕生日とケーキ。 | HOME |Comic Relief>>
COMMENT
COMMENT WRITE
















TRACKBACK
トラックバックURL

<<誕生日とケーキ。 | HOME |Comic Relief>>

忍者ブログ[PR]