忍者ブログ


[PR]
CATEGORY : [] 2017/12/18 00 : 46
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



Nutcracker
CATEGORY : [Music: Concerts/Recitals] 2006/12/14 01 : 41
2006年12月13日(水)
午後7時半開演
英国王立オペラハウス
(コヴェントガーデン)

P.I.チャイコフスキー作曲
バレエ『くるみ割り人形』

* * * * *


バレエだけれど音楽カテゴリで。

吉田都さんが一日だけコヴェントガーデンにカムバックされるというので、
初日行ってきました。
それに、クリスマスにくるみ割りをヨーロッパのオペラハウスで観るのを、
どれだけ楽しみにしていたことか!

こんなに夢と愛?に溢れるバレエを一人で観るのは寂しいので、
同居人と一緒に行ってきました♪
これはお世話になったお礼とこれからも頼むねも込めて、私からのクリスマスプレゼント。
ちなみに、彼からのクリスマスプレゼントはラルフのカーディガン。
子供サイズでしたが、ぴったり着れる自分に驚き。笑

私の今年最後のロンドンナイトだったので、笑
2人でラルフのスーツやジャケットに身を包み、
(「まるで仕事帰りデートの若夫婦みたい。」と冗談が出るくらいキッチリしてました。苦笑)
クリスマスのお祝いも兼ねて、おいしいご飯をROH側のBertorelliでたーっぷり食べて、
2人で浮き足立って、いざコヴェントガーデンへ。


いつ来ても、この空間はわくわくしちゃう。
赤い絨毯と深い艶の木のドア。
見上げるほど高い天井。

初日ということも手伝ってか、家族連れがとーっても多かったです。
(日本人の方も非常に多かったですが。)
中には、ボックス席を一家族(子供3人&両親)で押さえてらっしゃる方も…
休憩中のホワイエ&ラウンジは、大人顔負けの正装をしたチビちゃんたちがいーっぱい!
特にちゃんとスーツ&ネクタイのboysは、思わず立ち止まるぐらいカッコイイ。
「私、絶対子供つれてクリスマス来るよ。」
「いいよね、クリスマスに家族でこうやって来られたら最高。」
と無意識のうちに目を輝かせる私。
そして、何度も「Stop dreaming!」と横でつぶやく同居人氏…

でも、本当に、単純に憧れます。
クリスマスに毎年こうやってコヴェントガーデンにこられたら
どんなに素敵なことか!!

 * * * * *

終演後、特別なことがありました。
バレエ団のディレクターにあたる方の80歳のバースデー。

生オケと満席の場内と彼の愛すべきダンサー&スタッフからの歌。
おっきなケーキとおっきな花束。
心温まるスピーチ。

長い間バレエ団とオペラハウスに尽力され、
こうやって人々の心に夢や感動を届ける「瞬間」を今も作っていらっしゃる。
素敵な歳の重ねかたがしたいと思わずにはいられませんでした。


PR


こめんと [ 0 ] とらっくばっく [ 0 ]
<<ミュンヘンより | HOME |クリスマスがやってきた>>
COMMENT
COMMENT WRITE
















TRACKBACK
トラックバックURL

<<ミュンヘンより | HOME |クリスマスがやってきた>>

忍者ブログ[PR]