忍者ブログ


[PR]
CATEGORY : [] 2019/11/13 08 : 19
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「を」と「が」
CATEGORY : [Words] 2007/03/11 09 : 18
今日はボスのお使い。
(超不定期ですが、ある個人事務所でバイトをしています。)
クリエイティブ系な素材を買い集め、とにかく大きい荷物を両手にロンドンを徘徊。笑

なんとか揃え、ボスの家に届けたのが17時前。
その後、買ってきたものをすぐに使えるように用途別に仕分け。
専用ボックスへ。

その後、なぜか日本語レッスン。
ボスは日本語を話します、結構できます。
でも、時々変ですが。

今日、説明していて、やっぱり難しいんだなーと思ったのは、「を」と「が」の使い分け。
日本語は総じて、主語を略して目的語だけで話す場合が多いですよね。
それの典型が「〜を+動詞」
下記の例1と例2を御覧ください。


例1) a. (警察は/が)泥棒「を」つかまえる
      → Police catches a thief.

b. 泥棒「が」警察「に」つかまる。
      → A thief is caught by police. 


例2) a. (私は/が)こどもたち「を」行かせる。
      → I made/allowed children to go.

b. こどもたち「が」行かされる。
      → Children were forced to go.


これを説明して、納得させるのに結構時間がかかりました。
結局は、同じ意味なんだけれども、主語と目的語の関係性なので訳すると違うんだよ=動詞が受身になるということで納得したようです。

ついでに、使役の「させる」と使役受身の「される」、そして可能の「られる」についても、総攻撃されました。混乱したボスは「いかさられる」と勘違いし…全てがごっちゃになった模様。
無理もないです。
活用が難しい…。
100%天然の日本人だって、改めて「活用」をするとなると怪しい…


漢字をあと300覚えると2000達成だと喜んでいました…
ランニングマシーンの前には「常用漢字一覧表」が。



日本語ってややこしい。



PR


こめんと [ 0 ] とらっくばっく [ 0 ]
Shine / Take That
CATEGORY : [Words] 2007/03/09 07 : 18
ちょっと疲れちゃった貴方に…。


"Shine"/ Take That

You, you're such a big star to me
You're everything I wanna be
But you're stuck in a hole and I want you to get out
I don't know what there is to see
But I know it's time for you to leave
We're all just pushing along
Trying to figure it out, out, out.

All your anticipation pulls you down
When you can have it all, you can have it all.

* So come on, come on, get it on
  Don't know what you're waiting for
  Your time is coming don't be late, hey hey
  So come on
  See the light on your face
  Let it shine
  Just let it shine
  Let it shine.

Stop being so hard on yourself
It's not good for your health
I know that you can change
So clear your head ang come round
You only have to open your eyes
You might just get a big surprise
And it may feel good and you might want to smile, smile, smile.

Don't you let your demons pull you down
'Cause you can have it all, you can have it all.

* Repeat

Hey let me know you
You're all that matters to me
Hey let me show you
You're all that matters to me.

Hey let me love you
You're all that matters to me
Hey so come on yeah
Shine all your light over me.




【大約】

ねぇ、きみ、
君は僕にとっては大スターなんだよ。
僕の憧れのまとなんだ。
行き詰まってる君を僕は助けたいだけなんだ。
出たところで何が見えるかはわからないけど
でも、君は飛び立つべきなんだ。
僕たちは、みんな進んでかなきゃいけないんだ
それが何かをみつけるために。

期待が裏切られるかもしれないけど
でも、いつかは全部君のもの。

だから、さぁ、行こう
一体何を待ってるのさ
君に時代がくるんだ、遅れないようにしないと!
さぁ、行くよ
君の顔を照らす光をみてごらんよ
輝かせなきゃ
光らせ続けなきゃ

あんまり自分を辛くする(頑張りすぎる)のはやめなよ
健康に良くないって
君は変われるんだ
だから、頭をスッキリさせておいで
目を開けるだけでいいんだ
ビッグなサプライズがあるかも
そうしたら、気分が良くなって笑いたくなるかもよ?

悪魔に負けちゃダメだよ
だって、いつかは全て手に入るんだ

教えてあげようか
君が、君の全部が、僕にとって大切なんだ

Hey let me love you
You're all that matters to me
Hey so come on yeah
Shine all your light over me.

だって、君が大好きなんだ
君の眩しい光で僕をも照らしてよ
(→「僕」を照らすのではなくて「君が輝く」ということ)


※誤訳等はご了承ください。

【You Tube】
ミュージックビデオはコチラ
TV番組からのライブ様子はコチラ

【アーティスト公式HP】
日本オフィシャル
インターナショナルオフィシャル

 * * * * * 

Uk公式シングルチャート1位です。
今「Rehab」でお騒がせのロビー・ウィリアムズもいたTake Thatです。


こめんと [ 2 ] とらっくばっく [ 0 ]
友達からのハガキ
CATEGORY : [Words] 2007/02/13 01 : 54
日本にいる一番親しい友人からハガキが。
表には、日頃の愚痴が。苦笑
いくら新婚でも、たまには愚痴の一つや二つもあるでしょうよ。
と思っていたら、後ろに温かい言葉が。


「無駄な経験なんて 何も無い。
 今までのすべての出来事が 今のあたたをつくってるんだから。
 あなたのまんまで百点満点。」


嬉しいなぁ。
自分の側にいた人にこういう言葉をかけてもらえるって嬉しい。
本当に温かくなる。



こめんと [ 0 ] とらっくばっく [ 0 ]
のるかそるか.
CATEGORY : [Words] 2007/02/05 03 : 51
You cannot be in and out of the train at the same time.


電車に、乗ったり降りたりすることは、一度には出来ません。



こめんと [ 0 ] とらっくばっく [ 0 ]
88鍵。
CATEGORY : [Words] 2006/12/02 23 : 11
「88鍵」

黒と白が規則正しく並ぶ鍵盤。
本当に均整がとれた美しさ。
たった88しかない鍵盤。
でも、そこから生み出される音楽は無限にある。


先日会ったF氏に言われた。

「あなたはあなたの心の中にあるその88の鍵盤で、
 無限に広がる音楽を、あなたらしく、
 あなたにしかできないマネジメントしていけばいい。
 それが、あなたの無限性だよ。」



なんて素敵な言葉なんだろうって思った。
こんなに心が熱くなる言葉にはそうそう出会えない。

こういう風に表現できるF氏も素晴らしいと思う。
彼の音楽に直接であったことはないけれど、きっと温かくて深い良い音楽なんだろうと思う。音楽はいつだって正直だから、彼の透徹した考えが反映されて、キラキラした音楽になるんだろうと思う。


私の中の88鍵盤はいまもくすんでいないと良いな。
ドアが開いて、ステージの光が眩しくて、前を見れば、拍手が鳴り響いてる中で、静かに輝くピアノ。
白と黒の鍵盤の前に座って、ほっとするあの瞬間。さぁ、これから私だけの時間だよって、今日はどんな音楽をつくれるんだろうって緊張と興奮が入り交じる不思議な、そして充実した時間。音楽が鳴り響いて、私の生み出す音楽がその空間を満たしていく。そうすると、どこからともなく恍惚とした瞬間が訪れて、この世とは思えない心地よさに酔いそうになる。音楽は神からの賜り物というのを実感する瞬間。演奏が終わって、見上げるライトは眩しくて、ふらふらしながらドアに吸い込まれていく。そこで、やっと我に返る。



私らしいマネジメント。
私にしかできないマネジメント。
そんなマネジメントに出会えたら、素敵だと思う。
そして、私はそれを生涯かけて追求したいと思う。





こめんと [ 0 ] とらっくばっく [ 0 ]
No Pain, No Gain
CATEGORY : [Words] 2006/11/10 09 : 36
No Pain, No Gain.


苦しみがなきゃ
得るものすらみえない。


そうかもね。
前にも書いたけど
逆境こそ人生の成長のときである

ってことだよね。


未来の私に恥ずかしくないように
未来の私が後悔しなくていいように。
ここ一歩、踏ん張っていきますか。







こめんと [ 0 ] とらっくばっく [ 0 ]
<<前のページ | HOME |

忍者ブログ[PR]